NIPTについての疑問を解決します

知っておきたいNIPT

本サイトではNIPT(新型出生前診断)の倫理面での問題点を中心に様々な角度からの見解を紹介しています。
従来は出生前に遺伝子疾患の有無を検査する対象は限定されていました。
ところが日本産婦人科学会が適用対象の拡大と、実施施設の緩和を承認したことから今後は検査件数が増加するものと見込まれています。
遺伝子による生命の選別や優性思想につながるとの批判がある一方で、先天性障害を抱える家族の負担から容認する考えもあるようです。

NIPTにまつわる倫理面の議論

NIPTにまつわる倫理面の議論 日本では晩婚化が進み、初産年齢が高くなる傾向が継続しています。
いわゆる高齢出産に該当する事例では一部の遺伝性疾患を発症するリスクが高くなることが、疫学的に明らかになっています。
そのため従来よりNIPT(新型出生前診断)が実施されてきました。
このほどNIPTの適用指針が緩和されたことで検査件数の増加が見込まれていますが、同時に倫理的問題を指摘する声が聞かれるようになっています。
特に問題とされているのは、NIPTの結果遺伝子異常が発見された場合に、事実上中絶の理由になりかねないことにあります。
この問題については個人の自己決定権の範疇で判断するべきとの反論もされています。
NIPTを巡る倫理的問題の議論は端緒についたばかりで、今後も紆余曲折が予想されます。

NIPTを受けることは倫理上タブーなのかどうか

NIPTを受けることは倫理上タブーなのかどうか NIPTとは「新型出生前診断」と呼ばれており、2013年からは日本でも実施されています。
お腹の赤ちゃんの染色体異常が早い段階で判明するというこの診断は、大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、ここで倫理的な問題が発生します。
障がい者団体などを中心に、「命の選別」に拍車がかかることが懸念されているのです。
日本産婦人科学会はこの点を考慮しており、NIPTを受けられるのは35歳以上の母体である等の条件を設定しました。
出生前診断を行うことが当然となった場合、染色体異常の障害を持った人々が現在より更に生きづらくなるのではないか、という懸念も存在します。
「命の選別」がタブーとされるのは、本来であれば人間は全員同じ立場で生まれてくるのであり、障がい者が差別される社会であってはならないからです。
しかし、実際に出産する女性の立場からすると子どもの障害の有無が事前にわかることは、生き方を決めるにあたって重要なポイントでもあります。
NIPTを受けるかどうかは、倫理的な問題だけではなく女性の意思の自由を認めるかどうかという問題も含んでいます。
万が一障害を持って生まれた子であっても、幸福に暮らせる社会を構築することが同時に求められるのです。

NIPTに関する情報サイト

愛知でNIPT

新着情報

◎2020/8/20

倫理的側面のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「倫理 議論」
に関連するツイート
Twitter

ヴィーガンが訴える畜産の問題は人類が無視できない問題だよな 『サピエンス全史』を読んで衝撃を受けたけど、工場式畜産の倫理的問題は大いに議論されるべき問題だ

返信先:@KAWASHIMAshigeo 大変恐縮です。こちらこそ貴重な機会をいただきありがとうございました。この講義のメインテキストである河島先生ご共著の「AI倫理-人工知能は「責任」をとれるのか」 も、前半の西垣先生のホモ・デウス滅多切りなど、大変刺激的な議論が展開する興味深いご本でした。amazon.co.jp/dp/4121506677

Twitterアベ先生 (CV: 阿部和広)@abee2

返信 リツイート 9:53

論理語と共感語が議論すると 互いに論点をずらしている様にみえるし 論理語から共感語をみると ダブルスタンダードや基本的な議論のルールは無視されてみえるし 逆は 人の気持ちを考えない冷たい言葉 常識的倫理観のない 誰も支持しない事を平然と言っている サイコパス にみえる

福祉国家を目指そうと憲法を目的論的解釈している憲法学者が多いわね. そんな学者が多い中,H.L.A.ハートやF.A.ハイエクの法哲学を汲み込み,憲法の脱倫理化・超越論的議論の排除を目指した阪本昌成教授がいらっしゃるわ. 『憲法1~2』は簡単に読めるから,おすすめよ.

Twitterミナーキーたん@minarchismtan

返信 リツイート 9:10

RT @numagasa: 『否定と肯定』(Denial)のホロコースト否定論者のおっさん、倫理的にも知的にも不誠実なのだが、今それ関係ある?ってことを質問しまくって揚げ足とって議論を目眩しすることだけは得意で「Twitterのヤバい人かよ」って思ったけど、Twitterのヤバ…

RT @numagasa: 『否定と肯定』(Denial)のホロコースト否定論者のおっさん、倫理的にも知的にも不誠実なのだが、今それ関係ある?ってことを質問しまくって揚げ足とって議論を目眩しすることだけは得意で「Twitterのヤバい人かよ」って思ったけど、Twitterのヤバ…

宗教を冒涜、侮辱する権利はあるか?という問いに「権利はあるでしょ」「いやいや、それは認められない」という議論は個人の倫理観や価値観の争いでしかないよ。つまりはお気持ち。 これは萌え絵だって、ペドファイルだって同じ。

「あなたのその行為がウイルスやハッキングを助長するのです」役所の掲示板のようなスローガンが推奨されるが、やらかす年配は周りにいないし、一方でテレワークを推奨。 そのための倫理はわかるが、更にプライバシー議論も。周りと個人のリテラシー監視は 自粛警察を喚起させる。

Twitter𝔬𝔡𝔞𝔱𝔢𝔮𝔲𝔢®️𝕠ᗪα𝓣έ𝔮𝕌Ⓔ@odateque

返信 リツイート 2:58

「相手の問いを無視し建設的な議論に応じない自由」をすぐさま「不誠実」と断じる所に論理の飛躍と主観を感じるのは、やはり私がメタ倫理学脳の情緒主義者だからなのか。 倫理とはやはり謎である。 正しい「シーライオニング」のススメ|青識亜論 @BlauerSeelowe #note note.com/dokuninjin7/n/…

RT @pinpinkiri: 深化する「エシカル(倫理的)消費」。日本の養豚場の8割以上にある「工場型畜産」。EUでは2013年から禁止されました。心身に不要な苦痛を与えないアニマルウエルフェアの観点からです。是非善悪を問うのではなく議論の契機になる記事です。 https:/…