NIPTについての疑問を解決します

知っておきたいNIPT

本サイトではNIPT(新型出生前診断)の倫理面での問題点を中心に様々な角度からの見解を紹介しています。
従来は出生前に遺伝子疾患の有無を検査する対象は限定されていました。
ところが日本産婦人科学会が適用対象の拡大と、実施施設の緩和を承認したことから今後は検査件数が増加するものと見込まれています。
遺伝子による生命の選別や優性思想につながるとの批判がある一方で、先天性障害を抱える家族の負担から容認する考えもあるようです。

NIPTにまつわる倫理面の議論

NIPTにまつわる倫理面の議論 日本では晩婚化が進み、初産年齢が高くなる傾向が継続しています。
いわゆる高齢出産に該当する事例では一部の遺伝性疾患を発症するリスクが高くなることが、疫学的に明らかになっています。
そのため従来よりNIPT(新型出生前診断)が実施されてきました。
このほどNIPTの適用指針が緩和されたことで検査件数の増加が見込まれていますが、同時に倫理的問題を指摘する声が聞かれるようになっています。
特に問題とされているのは、NIPTの結果遺伝子異常が発見された場合に、事実上中絶の理由になりかねないことにあります。
この問題については個人の自己決定権の範疇で判断するべきとの反論もされています。
NIPTを巡る倫理的問題の議論は端緒についたばかりで、今後も紆余曲折が予想されます。

NIPTを受けることは倫理上タブーなのかどうか

NIPTを受けることは倫理上タブーなのかどうか NIPTとは「新型出生前診断」と呼ばれており、2013年からは日本でも実施されています。
お腹の赤ちゃんの染色体異常が早い段階で判明するというこの診断は、大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、ここで倫理的な問題が発生します。
障がい者団体などを中心に、「命の選別」に拍車がかかることが懸念されているのです。
日本産婦人科学会はこの点を考慮しており、NIPTを受けられるのは35歳以上の母体である等の条件を設定しました。
出生前診断を行うことが当然となった場合、染色体異常の障害を持った人々が現在より更に生きづらくなるのではないか、という懸念も存在します。
「命の選別」がタブーとされるのは、本来であれば人間は全員同じ立場で生まれてくるのであり、障がい者が差別される社会であってはならないからです。
しかし、実際に出産する女性の立場からすると子どもの障害の有無が事前にわかることは、生き方を決めるにあたって重要なポイントでもあります。
NIPTを受けるかどうかは、倫理的な問題だけではなく女性の意思の自由を認めるかどうかという問題も含んでいます。
万が一障害を持って生まれた子であっても、幸福に暮らせる社会を構築することが同時に求められるのです。

NIPTに関する情報サイト

愛知でNIPT

新着情報

◎2020/8/20

倫理的側面のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「倫理 議論」
に関連するツイート
Twitter

杉田議員のような人たちは、倫理や道徳や感情的議論は通じない。 ひたすら論理的に追い詰め、絶句させるしかない。 絶句し詭弁に逃げる姿を、みんなの前で暴くしかない。 日本人はもっと、論理学を学ぶ方が良い。

脳死は脳の機能が停止していることが前提となるが、それに従うと心臓が動いている脳死体も存在することになる。こうした状態を真の死とすることが倫理的に認められるかどうかについては、賛否が分かれている。そしてそれに付随して、脳死者からの臓器移植を許すべきか否かも、議論の対象となっている。

→ 指摘しておきたい。「謝罪」する側は、いわば〝倫理的な信頼ポイント〟をゲットすることにより、「正統性」を補強する(アボリジニーの遺骨返還をめぐる「White Exemption」の議論を参照)。ゆえに、構造的な不平等・非対称性が温存されたままだと、謝罪が加害者の権威を高めるという歪な効果→

返信先:@sonreizz倫理的な議論では、特権はそれを持たない人々への義務によって釣り合いが保たれるべきだという「モラル・エコノミー」を要約する際に、しばしば用いられる。最近では、主に富裕層、有名人、権力者、高学歴者が「社会の模範となるように振る舞うべきだ」という社会的責任に関して用いられる】

芸人さんが 一番やりたくない真面目な謝罪に 追い込む社会のあり方は もうちょっと 芸人さんには 寛容で優しくても良いんじゃない? って 倫理観の議論は 政治の番組でしたら良いと思う その後、 ボケにくくなるし いかに謝罪会見でボケるか期待してます といった批判の仕方が良くないかな?

民主主義社会では、構造的に冤罪を完全になくすことは出来ない、ていうのが、目下、最大の死刑廃止の論拠であるようだ。(もっと、倫理的な面からも議論されるべきなんだけどさ…) 対して賛成派は処罰感情が大きくて、時には、犯人の死刑を望まない被害者遺族に対してすら攻撃的になる、ていう。

RT @gugakuken: 茂木健一郎さん @kenichiromogi の『クオリアと人工意識』を読み終わりました。第九章の自己意識の連続性とベルクソンの純粋記憶を読んで考えてみたことがあるので茂木さんと議論してみたいなと思っています。悩んでいた『倫理的特異点』の問題も自己…

正に民主主義を根底から覆るあってはならない発言‼️民主主義の一丁目一番地は「議論」、そうです話し合いなのです。   松井市長には倫理社会の勉強を一からやり直して欲しいです。 #都構想にもう一度NO #松井市長 pic.twitter.com/DbcWqyOZri

デジタル庁よりも,政治資金管理庁(あるいは委員会)とか,議員倫理管理庁(あるいは委員会)を作ってもらいたいですね.そこには,第3者として,政府色のついていない弁護士,会計士などの専門家や,一般市民などが参加して,政府や官僚から独立した議論を行う.

RT @gugakuken: 茂木健一郎さん @kenichiromogi の『クオリアと人工意識』を読み終わりました。第九章の自己意識の連続性とベルクソンの純粋記憶を読んで考えてみたことがあるので茂木さんと議論してみたいなと思っています。悩んでいた『倫理的特異点』の問題も自己…